FIELD事業所紹介

八尾工場Yao factory

塗装処理

塗装工程です。
塗装前の酸洗いから、粉体塗料の塗布・焼付までを塗装専用の自動機械で行います。自動で塗布できなかった部分は手作業で行います。

部材に付ききれなかった粉体塗料は、集塵機で回収して、もう一度塗料として再利用します。 この機械を導入してから、約99%のリサイクルが可能となりました。このように、生産工程においても環境対策を行っています。

板金加工

板金加工場

金属を切ったり、曲げたり、穴を空けたりします。
以前は人の手で行われていた工程も、オートメーション化することによってミスやロスも減り、生産性も格段にUPしました。

これは曲げ加工の工程です。
機械に配電盤の枠となる部材(鉄の板)を挟み込み、90度に鉄板を曲げます。
船舶用集合始動器盤 産業用モーターコントロールセンター

ユニット加工という工程です。
ある程度部品と部品をつなぎ合わせて、1セットにしたものを「ユニット」と呼びます。
ユニット加工されたものを盤内に組み込むので、現場作業の時間短縮となり、リードタイム短縮が可能となります。
設計図面を読みながら、1つ1つ手作業で丁寧に行っていきます。

船舶用・産業用 高/低圧配電盤

組立の現場です。
板金や塗装と違い、人の手で1つずつ手作りされています。
配電盤は全てオーダーメイド設計の為、1つずつサイズや使う部品などが異なり、狭い場所での作業や配線の細かい作業が多くなります。
最新鋭の設備投資もしつつ、手作りでのものづくりもできるのが、
テラサキのよいところでもあります。